www.tokyo-js.com

月刊誌の広告、ゴシップ紙、繁華街に見られるビラや郵便広告などで「債務の整理整頓します」「負債をひとつにしたくないですか」といった売り言葉を閲覧することがよくあります。「整頓屋」「買取専門屋」「紹介屋」という俗称の業者のおとり広告のときが存在します。そのようなものを利用した場合には破産申立プロセスの中で最も大切な免責認定を受けられないリスクがあります。「整頓屋」は、チラシなどで多重負債者をおびきよせ、すさまじい手数料を受け取って債務整理をやりますが実際は整頓は行われず、負債者はさらに債務スパイラルにはまることがすべてと言えます。「買取専門人」の場合、債務人の分割払いで家電製品、旅行のチケットを限界まで買わせて負債者からその品を販売額の10%から額面半額で引き取るというやり方をとっています。負債人はその瞬間はキャッシュが得られますが、カード会社による購入物の定価の支払いが送られて来ることになり、結局は債務を悪化させることになってしまいます。この際はクレジット会社に対する犯罪行為として免責を手に入れられなくなります。「紹介屋」では、大口の貸金業者から借りられなくなった債務人に関してダイレクトな融通は全然せずに、融資を可能な異なる業者を紹介して、依頼料を要求する業者です。つなぎ屋は直接の経由で金貸し可能となったようにしゃべりますが、本当は何もせず単に調査の甘めの企業を伝えているということなのです。この場合だと実際のところ負債を重ねる結果となります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tokyo-js.com All Rights Reserved.