破産の手続きを選択しようとしているステップ

免責不許可事由という言葉は自己破産手続きしようとした人に、こういった事項に含まれている方はお金の免除を認可しないという概要をならべたものです。コンブチャ 妊婦

極端に言えば返すのが全くできないような人でもこれに含まれる方は負債の帳消しが受理してもらえない場合もあるということになります。着物スピード買取口コミ

つまりは破産申告を出して借金の免除を勝ち取ろうとする際の最も大きなステージが「免責不許可事由」ということなのです。わきが

これは主な要素のリストです。ロスミンローヤル 口コミ

※浪費やギャンブルなどではなはだしく財産を減少させたり、膨大な借金を抱えたとき。多汗症

※破産財団に属する資産を隠したり意図的に破壊したり貸し手に損失となるように処分したとき。プラスデオ 口コミ

※破産財団の債務を虚偽に多く報告したとき。キミエホワイト 口コミ

※破産宣告の責任があるのに、その債権者に特定の利権を付与する意図で資本を供したり弁済期の前に借金を弁済した場合。

※前時点において返済不可能な状況にあるのに虚偽をはたらき債権者を信じ込ませてさらなる融資を提供させたり、カードなどを利用して物品を購入した場合。

※虚偽による債権者名簿を提出したとき。

※借金の免責の申し立ての前7年以内に債務免除をもらっていたとき。

※破産法が要求している破産申請者の義務を反した場合。

上記の項目にあてはまらないことが免除の要件なのですがこの8項目だけを見て具体的な案件を思い当てるのは経験に基づく知識がないと困難なのではないでしょうか。

くわえて、厄介なことに浪費やギャンブル「など」と記載されているので分かるようにギャンブルといってもそれ自体は具体的な例のひとつにすぎず、ギャンブルの他にも実際例として挙げられていない場合が山のようにあるのです。

書いていない場合はひとつひとつの状況を書いていくと限度がなくなり例を書ききれないようなときや判例として出た裁定によるものが考えられるため各申請がその事由に該当するかは一般の人には通常には判断できないことが多いです。

まさか免責不許可事由になるなどとは思ってもみなかった人でもこの判断をいったん下されてしまえば、決定が元に戻されることはなく借金が消えないばかりか破産申告者であるゆえの社会的立場を7年ものあいだ負い続けることになります。

というわけですので、免責不許可の悪夢を回避するために、破産の手続きを選択しようとしているステップでちょっとでも判断ができない点や難しいと感じるところがあるときは、すぐに破産に詳しい専門家に相談してみてください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tokyo-js.com All Rights Reserved.