薬剤師さんにも患者の立場になってほしい

薬剤師さんは薬を受け取る患者に、薬の説明をしないといけません。

院外処方や院内処方どちらもですが、個人情報が大事だけれど、薬の取り違いがあってはいけないので、薬の手渡しの時に、自分の口から名前を言うのと、薬の内容や薬の名前を薬剤師さんが声に出して説明します。

声に出すことが悪いとはいいませんが、「そんなに大声で言わなくても」と思う声量で言う人がいます。

もしお困りのことがあれば薬剤師転職サイトご連絡を!風邪程度の薬なら気にすることもないでしょうが、中には人に知られたくないような薬を飲んでいる人もいるのではないかと思います。

薬の名前は独特なので、周囲の人はたいして気にしてないかもしれないけれど、飲んでいる張本人は嫌な気がしてるのではないかと思います。

長期で薬を飲んでいるかどうかは、きっと見たらわかると思うので、そういう人にはいちいち説明しなくてもいいのではと思います。

そうすれば時間短縮もできます。

薬の渡し間違いを防ぐのも大事ですが、患者のデリケートな部分も考慮した病院や薬局、医者、薬剤師を希望します。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tokyo-js.com All Rights Reserved.